>  > 唾を手に垂らして手コキ

唾を手に垂らして手コキ

43歳のフリー編集者です。僕はお気に入りの女性が高級デリヘル店にいます。その子は、歌手でタレントのある女性にそっくりなのですが本人に訊いても「よく言われる」とのことで、意識もしているようです。その子が最高なのが、いつもはサバサバしているのにエッチなモードになると変態みたいになることです。初めて遊んだときには面食らいました。何故ならばいきなりシャワーを浴びるときにアレを咥えこんでタマまでしゃぶってくれたからです。そのままの勢いでベッドに行くと、唾を手に垂らしてから強烈な手コキで攻めてきました。僕はもうたまらなくなり、シックスナインに持ちこんだのですが、彼女は「またタマ舐めてあげようか?」と言ってどんどんいやらしい言葉で僕を興奮させてきます。フィニッシュは乳首に吸い付きながらの手コキでしたが、その後もザーメンをわざわざ舌でふき取り飲みこむなど、本当にエロい子です。しかしいつものサバサバした感じも好きで、本当に惚れてしまいそうです。

[ 2015-11-09 ]

カテゴリ: デリヘル体験談